履歴書に記載する場合の名称は日商簿記2級

By | 2015年10月28日

就職時には様々な資格を取得していれば、その資格が有用な職業に就職を希望する場合、取得していない場合に比べるとやはり有利となります。もちろん、同じ企業内でも求人の行われている部署によって有利となる資格は異なってきます。
また、取得しておいてデメリットになってしまう資格は基本的にはありません。ですから可能であれば多くの資格を取得しておけば就職時に有利となります。特に学生さんや、転職を考えている方などは積極的に資格をとっておいた方がいいかもしれませんね。
履歴書に資格を記載する際は通常であれば正式名称を記載します。略して記載しても構いませんが、書類選考の際、また面接時にどう映るかを考えると正式な名称を記載しておいた方がよいでしょう。
運転免許であれば、「普通自動車第一種運転免許」といった書き方が正式な書き方になります。しかし、正式な名称が長い場合はどうでしょう。
一般にはある程度簡略化した書き方をします。簿記の場合は日商と全商と二種類あるわけですが、日商簿記の場合は正式な名称が「日本商工会議所主催簿記検定試験」となります。
また、全商の場合は「財団法人全国商業高等学校協会主催簿記実務検定試験」となります。これに合格した何級かも記載しますからかなり長くなってしまいます。
そのため、「日商簿記検定」、「全商簿記検定」といった書き方となります。これに合格した級を加え「何級合格」と記載するわけです。
あまりにも等級の低すぎる取得資格ばかり記入していると、マイナスになってしまうこともありますので、気をつけたいものです。